しくじり先生で中田のマルクス論


オリエンタルラジオの中田がプレゼンした、カール・マルクスのしくじり先生編が衝撃でした。

まず、マルクスは、裕福な家庭に生まれましたが、ヒモでニートでどうしようもない人物ということでした。

そのマルクスが書いたのが「資本論」で世の中では、聖書の次に読まれる本ということです。

日本ではあまりよまれていません。

マルクスがやらかした失敗というのは、私的私有財産が終焉する・・・の続きを書いていなかったこと

ということで、ソ連の崩壊させてしまったということです。

ソ連は、みなが平等になる社会をめざして建国されたのですが、

農業の部門では、みな平等にしてしまうと、さぼる人間がでてくる

商業の部門では、みな同じ服にしてしまうと、裏で刺繍をいれている服屋が儲けてしまう。

政治部門では、みなが大統領になりたがり、それを排除するため大統領の独裁がはじまる


おおざっぱですが、こんなことでしょうか


人間の弱さがでてしまって、うまくいかなかったということです。


オリラジ中田のプレゼンは、実際は違うなど賛否あって、様々な意見があるようですが、わかりやすく説明している点はいいと思います。


資本論では、労働も価値とみるのですね。同じ時間なら、一生懸命やっても、適当にやっても価値は変わらないということです。

人間には欲望があり、もっと稼ぎたい、もっといい暮らしをしたいという気持ちは、考えていなかったのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です