ゆとり教育世代の年齢はそしてその問題は


ゆとり世代というのは、2002年4月から始まった指導要領で、ゆとり教育といわれました。
完全週休2日になったのもこの時からです。

ゆとり教育は、2011年3月で終了ということで、

この間に少しでも小学校に属していた方がゆとり世代といわれます。

だから、2016年4月の中学生から27~28歳(早生まれ遅生まれがありますので)の方が該当するようですね。

大人によって、ゆとり教育がはじめられたので

かわいそうなのは子供です。

大人に振り回されるだけですね。

学校は土曜日は授業があるのが当たり前でした。午前で終わって、次は日曜日で土曜日の下校が一番楽しかった覚えがあります。

それが、土曜日が当初は第2・4が休みとなり、完全週休2日となっていったのですね。

ただ、土曜日の休みは、いろいろ課外活動ができるようにと作られたような気がするのですが・・

今は、中学も高校も土曜日はお休みですが、私立では、土曜日も授業をやるところがあります。

さすが、私立の学校は違うなと思いました。

上の人からは、ゆとり世代だからしょうがないといわれる 下の人たちにも、先輩はゆとり世代だから仕方がないといわれる。

ゆとり世代は大変ですね。

いままでゆとり教育だったのが変わると、先生が大変です。

ゆとり教育とは、そもそも学力向上のために始めたのに、おかしくなってしまいましたね

これからは、詰め込み型から教育もかわっていくようです。

大学入試が2021年から変わります。


英語教育もかわるといわれます。


そもそも入試英語がかわらなければ、英語教育はかわらないのでそれはいいのですが

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です