メジャーリーグで大乱闘 顔面パンチ炸裂も


今日の一番気になったニュースは、デイキャッチではあまり関心がなかったプチ鹿島の報告の、メジャーリーグでの乱闘事件です。

いまは、日本のプロ野球では、乱闘はめっきり減ったような気がします。

いまでは、危険球ルールができて、退場のルールも明確になりました。乱闘を起こすと、出場停止になるので、いまでは見無茶しないですね。


星野仙一さんが中日の監督になったばかりのころ、血気盛んだった星野監督は、本当に乱闘寸前まで、何度もいきましたね。

選手がベンチから飛び出す場面がよくありました。

実際、乱闘も多くありましたが・・

いまでは、選手がベンチから飛び出すという場面もあまり見かけません。

暴力行為は批判されるとか、ルールや規制で抑えられてしまっているのかもしれません。

監督が選手を引き上げるという場面もなくなりましたね。

いままで没収試合というのは、10試合あったようですが、もう40年以上ありません。

制裁金や罰金などもありますし、没収試合にはしないようにしていますね。

没収試合になりかけたのが、阪神の岡田監督時代に、きわどい判定を何度も阪神の不利な判定にされて、選手を引き上げさせたことがありました。

その後、なんとか説得して試合が再開されましたが・・

退場とか乱闘とかは後味悪いともいわれますが、たまにそんなことがあったほうが、面白いのですが・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です