牛乳は賞味期限は開封したら後どれくらい?加熱すれば大丈夫?


牛乳は、購入するときには、賞味期限をみてみな購入すると思います。

スーパーの棚にならんでいる牛乳パックですが、手前に古い日付のものが並んでいて、奥に新しい日付の牛乳パックがおいてあり、奥から新しい日付のものを取り出す人もいます。

賛否両論ある行為ですが、やっぱり新しい方がいいですからね。

スーパー側でも、それを想定して、古いのは置かない。または値引きして売っていたりします。

なるべく古い在庫が残らないように工夫しているのです。

ところで、賞味期限ですが、牛乳の場合は、賞味期限を過ぎてもどのくらい大丈夫なのでしょうか?

消費期限ではないので、賞味期限がすぎても大丈夫だとおもうのですが、

パックを開けた瞬間から、賞味期限は当てにならなくなっているそうで、開けたら早く飲んでくださいと書いてあります。
賞味期限はあくまで未開封状態の場合を言うので、気を付けたほうがいいですね。


牛乳でも、低温殺菌のものは、値段も高くてそんなに購入しないのですが、賞味期限が短いです。そんなに長持ちはしないのですね。

逆に賞味期限がすごく長い製品もあります。加熱の仕方が違うのですね。長時間にわたり加熱をします。
長期間にわたって大丈夫なように加工されているのですが、その牛乳でさえ、一旦パックを開けてしまうと長持ちはしません。そんな牛乳はちょっと味も違いますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です