牛乳をのむとよく下痢するがその対策は


牛乳を飲むと、よく下痢をする方がいます。

なにかいい対策はないかといろいろな方法を探すのですが、

一番手軽なのが、牛乳をすこし温めることのようです。

お腹がくだっているときは、牛乳をのまないのが一番です。

もともと、日本人は牛乳に合わないといわれていますが・・・


いまでは、朝食はパン食が当たり前のようになっています。

パンには牛乳がいいですね。バナナも牛乳に合います。

バナナと牛乳を一緒に摂るといい効果があったような気がしましたが・・・


体調がわるいときに牛乳を飲むと下痢しやすいです。

賞味期限がすぎていたり、保存状態が悪かったりした牛乳を飲んでも下痢しやすいです。

冷えすぎていても、体にはあまりよくありません。


わたくしも以前は牛乳を飲むとお腹を下していたのですが、いまは、そんなにくだることもなくなりました。

まだ小さな子供でしたら、牛乳を飲んでお腹がくだることも多いと思いますが、大人になれば、子供の時ほどではないとおもいます。

体質により、牛乳が合わない人もも多いです。

普段は大丈夫であっても、牛乳が原因でお腹をこわしてしまうこともありますが、牛乳以外の原因が重なっていることも多いですね。

普段より飲み過ぎているなんて場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です