メジャーリーグで大乱闘 顔面パンチ炸裂も

今日の一番気になったニュースは、デイキャッチではあまり関心がなかったプチ鹿島の報告の、メジャーリーグでの乱闘事件です。

いまは、日本のプロ野球では、乱闘はめっきり減ったような気がします。

いまでは、危険球ルールができて、退場のルールも明確になりました。乱闘を起こすと、出場停止になるので、いまでは見無茶しないですね。


星野仙一さんが中日の監督になったばかりのころ、血気盛んだった星野監督は、本当に乱闘寸前まで、何度もいきましたね。

選手がベンチから飛び出す場面がよくありました。

実際、乱闘も多くありましたが・・

いまでは、選手がベンチから飛び出すという場面もあまり見かけません。

暴力行為は批判されるとか、ルールや規制で抑えられてしまっているのかもしれません。

監督が選手を引き上げるという場面もなくなりましたね。

いままで没収試合というのは、10試合あったようですが、もう40年以上ありません。

制裁金や罰金などもありますし、没収試合にはしないようにしていますね。

没収試合になりかけたのが、阪神の岡田監督時代に、きわどい判定を何度も阪神の不利な判定にされて、選手を引き上げさせたことがありました。

その後、なんとか説得して試合が再開されましたが・・

退場とか乱闘とかは後味悪いともいわれますが、たまにそんなことがあったほうが、面白いのですが・・

レスターが優勝で驚きのオッズと海外の反応

イングランド・プレミアリーグのレスターが、歴史的優勝を成し遂げたということで

海外では信じられないといった驚きの反応です。

イギリスでは、かけの対象になっていますので、そのオッズに驚いています。

ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』では、オッズ5000倍ということで

12名の人がかけていたようですね。

そのオッズをたとえると

ネッシーが発見されたのと同じオッズだそうです。

まさにありえないということですね。

ブックメーカーも慌てて、このままではとんでもないことになるということで、

この辺で手を打たないかと優勝するまえに交渉したそうですが、

結局断られたということです。

レスターは、日本代表FWの岡崎慎司が所属しているということで、日本でも名前がしられています。

岡崎の活躍によって優勝したのかと思ったら、それも一因あるようですが、監督や選手の一体感で優勝したようですね。

レスターには、平均的な選手は少ないようで、だめだけれど、どこかがずば抜けていいという選手があつまっているようです。

野球では、こういう選手がプロで通用するのですが、サッカーだと平均的にできる選手でないと、あまり年俸もよくないようです。

 

中日監督後任にまた落合氏が

<中日>次期監督、落合氏も候補の一人に…オーナー認める 毎日新聞 9月30日(月)22時46分配信 プロ野球、中日の白井文吾オーナーは30日、名古屋市内で取材に応じ、今季限りで退任する中日の高木守道監督(72)の後任候補の一人に落合博満前監督(59)も挙がっていることを明かした。 【中日:落合氏、次期監督候補に急浮上】 ヤフーニュースより引用 というニュースで、なにをいっているのだろうと・・・・ 落合監督を実質的にやめさせておいて今さらよかったなどと、落合氏本人はどう思うのでしょうか? 落合氏自身、どこかの監督をやるつもりは有るのでしょうか? 監督をやるなら、日ハムかロッテの監督をやって欲しいと思いますが・・・ 落合監督時代のインタビューや引退後のインタビュー動画をみていると、指導するものとして、本当に参考になることばかりです。 プロと生徒を育てていく場所とでは、考え方が違うというか、変えなければならないのですが、まず、どういう立場でどうしなければならないかが一番重要な気がしました。 プロなので、落合監督の行動が一見冷たいように感じでしまうのですが、同じ落合氏が、少年団の監督をやったとすれば、また違ったように動くのではないかと思います。 そして、結果を出していくのだと思います。 なんせ、考え方がしっかりしていますので・・・