韓国がホワイト国から除外になったのだけれども


「韓国をホワイト国から除外する」というニュースが駆け巡っています。 韓国側は猛反発していますが、日本では「よくやった」と絶賛の声です。

テレビで流れているニュースをみると、韓国の反対ぶりや韓国で起こっている反対運動や不買運動ばかりであたかも日本が悪いみたいです。

それと反対に、ネットのSMSや書き込みサイトでは、韓国が約束を守らないからだなど韓国を批難する意見が圧倒的です。

よく「ネトウヨ」とか「パヨク」とかいわれ、対立する意見は真っ二つで、どこまでも交わらないような感じなのですが、今回の問題ばかりは日本において、韓国の見方をする方は少数で、反対したくても黙ってしまっているような感じです。

いわゆるパヨクと呼ばれているリベラルな方もこの状況で韓国側に賛成するわけにもいかず、それでも韓国側に立つかたもいらっしゃいますが、いわゆるネトウヨとよばれる保守層の方に、同調するのもいやなので、黙っているのかもしれません。

いわゆるネトウヨとよばれる保守層の方の中には、「ザマア」などの書き込みで勝ち誇ったような感じのかたもいます。

私にはまるで鬱憤晴らしや憂さ晴らしのようにかんじられてしまいます。

わたしもいままでの課程をみていくと、韓国の方に非があると思います。

もちろん、韓国側にも言い分があるのだと思います。 ただ、報道(地上派テレビやネット、新聞)を見る限り、韓国の言い分はよくわかりませんでした。

韓国側も認めるところは認めて直せばよかったのだと思います。

韓国で反対運動や不買運動をやっている方は、正しい情報が伝えられているのか心配になります。

そして韓国側は日本の悪口ばかりですね。 スポーツと政治は違うといわれますが、スポーツでは対戦相手は敵ではなく尊重しあうものです。

武道では相手に勝ったとしても大喜びはせず、ガッツポーズなんでもってのほかで、その場では相手をたたえます。

そして、お互いに戦ってきたこと相手をしてくれたことに感謝し握手をします。

これをそのまま国と国の問題に持ち込めるとは思いませんが、少なくおとも、相手を卑下するような、おとしめるような言葉や態度はとらないで欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です